「営業成績を上げて出世したい!」「そのためには、心理学を使えばいいんだ!」

 

とは分かっているものの、人の心理に訴える営業テクニックっていくつもあって、どれを使えばいいのか分からない。

しかも1つだけ使っても、なかなか成果は出にくいのが現状です。

 

ということで、この記事では「心理学を掛け合わせた営業テクニック」をお伝えします。

いくつかを組み合わせれば、効果倍増!営業成績が上ること間違いないです!

成果を出す営業に心理学を使う理由

営業で心理学を活用すれば、成果が上がります。

「人がどういう時に、どのような行動をするのか」を理解し、その人に適した営業活動ができるからです。

 

現代において商品自体の差別化は難しいため、ただ闇雲に売り込んでも買ってくれる人はいません。

よって、心理学を応用し、人の深層心理に訴え、「欲しい!買いたい!」と思ってもらう工夫が必要です。

基本的な5つの営業テクニック

営業成果を上げるためには、心理効果を掛け合わせることが大切です。

まずは、基本的な5つの営業テクニックをご紹介します。

ドア・イン・ザ・フェイス(譲歩的依頼法)

これは商品の値段を伝える時、最初に高い値段から伝えて、徐々に下げていくテクニック。

あえて高い値段を伝えて断られた後、それよりも安い本当に希望する値段を伝えることで、「安く買えた」というお得感・満足感を、お客様に与えることができます。

 

また、こちらが譲歩したことによって、お客様が「譲歩しないと悪く思われるかも…」と感じて、提案を受け入れやすくなります。

フット・イン・ザ・ドア(一貫性の原理)

まず簡単なお願いをした後、本当に希望するお願いをすることで、提案を通りやすくするテクニックです。

人は一度「イエス」と言ってしまうと、否定することに抵抗感を感じ、「ノー」と言いづらくなってしまうもの。

相手に数回「イエス」で答えることができる簡単な質問を投げかけ、最後に本当にお願いしたい質問をすれば、「イエス」と答えてしまう可能性が上がります。

スノッブ効果

商品に「特別感」「希少性」を加えることで、価値を高める心理効果です。

「他人とは違う物を手に入れたい」という人間の心理が働くため、購買欲を引き出します。

 

商品やサービスをアピールするときに「10周年記念!会員様限定商品」と銘打ったり、「10個限定商品」「1ヶ月限定商品」と特別感を演出したりすれば、欲しいと思ってもらえます。

バンドワゴン効果

周囲が「良い」と思っている商品を欲しがる心理効果です。

まわりへの帰属意識「仲間になりたい」という心理が働くため、「口コミの評価」や「◯◯賞受賞」などを見せられると購買欲が高まります。

 

他の人が良いと評価する商品を買って、「みんなが言うのだから、きっと良い商品に違いない」と思わせることがポイントです。

ハロー効果

あるモノゴトに対して評価をするとき、目立ちやすい特徴によって評価が変わってしまう心理効果です。

たとえば、「東京大学出身の人は仕事ができる」と評価したり、「プロ野球選手が使っている商品が良い」と評価したりすることです。

CMなどで有名人や話題の人が起用されるのは、ハロー効果によって商品の魅力を高めるためなのです。

 

商品やサービスをアピールするときに「今話題の◯◯さんも使ってる商品なのです」「政府が推奨している商品です」と伝えるだけで、効果が上がるでしょう。

心理効果を掛け合わせることで営業成績が上がる!

では、実際に何と何を組み合わせればいいのでしょう。

お客様の反応や人物像に合わせて、以下のように使い分けてください。

信心深くない人、すぐに信用しやすい人

このような人には、「ドア・イン・ザ・フェイス」+「ハロー効果」+「バンドワゴン効果」を使ってみましょう。

なんでも信用しやすい人には、ハロー効果とバンドワゴン効果で「使わないと乗り遅れますよ」とアピール。

さらに、ドア・イン・ザ・フェイスを使ってお得感を与えることで成約率が上がります。

商品に興味がなさそうな人

このような人には「フット・イン・ザ・ドア」+「スノッブ効果」を使うと効果的かもしれません。

営業トークをしていて、興味を示さない人には、成約のハードルが低いドア・イン・ザ・フェイスでアプローチしましょう。

さらに、スノッブ効果で希少性をアピールすれば、購買欲を掻き立てることができます。

お客様と信頼関係が深い

このような場合は「ドア・イン・ザ・フェイス」+「スノッブ効果」がおすすめです。

ルート営業などでお客様と付き合いが長く信頼関係がある場合、スノッブ効果で特別感・価値を付け加えながら、ドア・イン・ザ・フェイスでお得感を演出すれば、成約率は上がるでしょう。

お客様と信頼関係が浅い

このような場合は「フット・イン・ザ・ドア」+「ハロー効果」+「バンドワゴン効果」がよいでしょう。

新規のお客様や付き合いが短く信頼関係を築けていない場合、ハロー効果とバンドワゴン効果で信頼感を与えます。

加えて、フット・イン・ザ・ドアで、「とりあえず試してみませんか?」と成約のハードルを下げることが効果的です。

相手の反応がよく分からない時

このような人なら「スノッブ効果」+「バンドワゴン効果」+「ハロー効果」を使ってみてください。

 

相手からのフィードバックがなく、困った時はスノッブ効果、バンドワゴン効果、ハロー効果を組み合わせてみましょう。

特別感・希少性を出しつつ、有名人からのお墨付きがあり、他からの評価が良い、と伝えれば最強です!その上で、何らかの反応を読み取り、フット・イン・ザ・ドアかドア・イン・ザ・フェイスを使いましょう。

まとめ:心理学を掛け合わせた営業テクニック


いかがでしたか?
以下5つの心理効果を、相手の反応・状況に合わせて組み合わせて使えば、営業で成果を上げることができるでしょう。

 

・ドア・イン・ザ・フェイス
・フット・イン・ザ・ドア
・スノッブ効果
・バンドワゴン効果
・ハロー効果

 

どれもすぐに実践できる心理学を応用した営業テクニックなので、明日から早速試してみてはいかがですか?

 

さらに目標達成をしたい人はこちらの記事もおすすめです♪

必ず出来る!目標達成に必要な達成脳の作り方必ず出来る!目標達成に必要な達成脳の作り方
2019.9.9
「仕事やプライベートで目標を立ててはいるけど、毎回達成しない…」 「お正月に立てているけど、いつも何を立てたか忘れている…」 「目標なんて立てたことない!」 等、いろんな方がいると思います。 ここでは、目標を立てて満足ではなく、目標を達成し続けられるような達成脳の作り方をお伝えしていきます。 目標...…

ゼロからプロコーチになれる!

コミュニケーションを仕事にできるコーチング体験レッスン!

プロコーチとは?


聴く・承認・質問などのスキルを使って、クライアントの悩みを整理し、目標達成をサポートする仕事です。

こんな人には特にオススメ


  • 人の役に立ちたい方
  • 人の話を聴くことが好きな方
  • 時間・場所に縛られず働きたい方
  • さらに成長したい方
  • 仕事・恋愛・子育て全て両立させたい方
  • 笑顔が素敵な方
無料体験レッスン詳細&申込みはこちら
心理学の関連記事
  • 【悪用厳禁!】あなたは知ってる?恋愛で使える心理学効果4つ
  • あなたの夢がみるみる叶う!やりたいことリストの書き方
  • もう怒られない!人間関係が良くなる表情の心理学
  • 本当にやりたいことをみつけたいあなたへ。やるべき4つのこと
  • 必ず出来る!目標達成に必要な達成脳の作り方
  • 「続かない」が変わる!習慣化するための4つのコツ
おすすめの記事