障害の重さなんて関係ない!誰からも好かれるために意識していること

みんなと旅行いきたいな。

でも、歩けないから迷惑かけそうで不安だな。

 

気になる人がいる。

でも、障害があるゆえに出来ないことにフォーカスしていまい、自分の気持ちを抑えてしまう。

 

などなど、障害がなかったらなぁと考え、このように隣のの芝生が青く見えた経験はありませんか。

 

筆者自身、つい最近まで悩まされていました。

 

私自身、重度障害を抱かえています。

電動車椅子で生活し、言語障害がありコミュニケーションを取るうえでハンデがあります。

意識をするところを変えたことで、現在は、毎週交流イベント・恋活イベントを主催し始めて僅か1か月で、累計30人が参加してくれ、自分のファンがつき始めました。

 

そんな私が誰からも好かれるために意識している3つのことをお伝えします。

出来ない原因を障害のせいにしない

出来ない原因を障害があるからと思わない

脳は意識をしているところを増やす性質があります。

1つ、例を挙げます。

障害があり、コミュニケーションが苦手で、初対面の人にランチに誘われた。

Aさん・Bさんは同じスタイル、同じ障害の重さとします。

異なるのは、自分が障害をどう思っているか(セルフイメージ)だけです。

Aさん(障害があるけど、誰とでも仲良くなれる)
笑顔が増える⇒ランチに行くことができ、仲良くなれる。
Bさん(自分の障害を理解してもらいたい)
自分の障害の説明をする⇒相手は興味がなくなり、ランチに断られる。

障害の重さじゃなく、自分が障害に対する考え方を変えるだけで、結果が変わってしまうのです。

「目が見えないから友達が出来ない」「耳が聞こえないから結婚できない」は言い訳だと思います。

 

障害に意識を向けるのではなく、笑顔を増やす等自分ができることを意識していきましょう!(^^)!

出来ること・出来ないこと・苦手なことを明確にする

出来ること・出来ないこと・苦手なことを明確にする

誰からも好かれるようになるには、がんばったら出来ること・障害があるからできないことを明確にすることが大切です。

 

例えば、車椅子で、旅行をするにはどんなところが障害になるでしょう?

 

障害と考えること

・自然で段差が多いところ

・バリアフリーなホテル

など、出来ないことを明確にすることで、行き先には制限がかかるかもしれないけど、旅行にいくことができます。

 

また、自分のできないことを明確にすることで、一緒に行くメンバーに相談することも出来ます。

 

障害があるから出来ないという思考は捨てましょう!

出来ることでプラスを与えよう!

出来ることでプラスを与えよう!

障害があっても、人の役に立てることを考えましょう!

人間には完璧な人はいません。

 

障害があるから、自分ができることでも手伝ってくれたり、その行為に甘えてしまうことも多いと思いますが、自分には〇〇ができるというものをつくっていきましょう。

 

そうすることで、世間の障害者への見方も変わってくるはず!!!

まとめ

まとめ

人に好かれるのに、障害の重さなんか関係ありません。

まずは、自分の障害に対するマインドを変えていきましょう!!

ゼロからプロコーチになれる!

コミュニケーションを仕事にできるコーチング体験レッスン!

プロコーチとは?


聴く・承認・質問などのスキルを使って、クライアントの悩みを整理し、目標達成をサポートする仕事です。

こんな人には特にオススメ


  • 人の役に立ちたい方
  • 人の話を聴くことが好きな方
  • 時間・場所に縛られず働きたい方
  • さらに成長したい方
  • 仕事・恋愛・子育て全て両立させたい方
  • 笑顔が素敵な方
無料体験レッスン詳細&申込みはこちら
人間関係の関連記事
  • 誰とでも仲良くなれる!プロコーチもやってる自己紹介3分テクニック
  • 「聴き方」1つで会話がどれだけでも続く!聴き方4つのポイント
  • 褒めベタ(褒め下手)さん必見!すぐできる褒め方4つのポイント
  • プロコーチが普段の会話で意識している4つのポイント
  • 職場で衝突してしまうあなたへ。円滑な人間関係を築く4つのポイント
  • 人間関係で悩んでる人必見!コミュニケーション能力を上げる方法
おすすめの記事