あなたは褒められて嫌な気分になったことありますか?

むしろ、褒めれたら「嬉しい」気分になったり、ちょっと苦手だなと思っていた人も「いい人だな!」と思いませんか?

上記のことから、褒め上手は、誰からもモテモテになっちゃいます。

 

また、褒めるには「目標達成を促進」「やる気や自発性を促す」「信頼関係を築く」効果もあります。

ということは、経営者・部下を持つ上司・親御さん、もちろんプロコーチ等も褒め上手になるといいことだらけですね✨

ただ、よく聴く言葉「褒めるのが苦手・・」

そんな褒めベタさんにも今日から使える!褒め方のポイントをみて、褒め上手になっちゃいましょう!

 

1.相槌代わりに褒める

「うんうん」「そうだね」という相槌。

聴くときに必須の相槌。相槌で褒めたらとっても楽ちん✨

例えば、「いいですね」「すごい」「知らなかったです」「さすが」「やるね!」等、相槌代わりにさらっと褒めることができます。

ただ、毎回同じ言葉を淡々と伝えると「ほんとに思ってる?!」と思われてしまうので、いろんなバリエーションを身に着けましょう!

2.変化に気づいたところを伝える

ベタに褒めるのはハードルが高い。ただ、人は変化に気づいてくれるだけで嬉しく、褒められたように感じます。

例えば、髪の毛を切ったことに気づいた人から「髪の毛切ったね」と言われるだけで、嬉しくなりませんか?

「変化承認」という技があるように、変化したところを伝えるだけで褒められたように感じますよ✨
まずは身近な人の微妙な変化に気づけるようになっていきましょう✨

3.相手のいないところで褒める

心理学で「ウィンザー効果」と呼ばれるもので、人は第三者から「◯◯さんが褒めていたよ」と好評価を間接的に伝え聞くと、直接褒められるよりも喜びが大きくなり、褒めてくれた人により好感を持つようになると言われます。

皆さんもそういう経験ありませんか? 直接言うのはどうしても・・という方は是非相手のいないところで褒める練習をしてみてくださいね✨

 

※注意点として、マイナスな言葉を第三者から「◯◯さんが〇〇と言っていたよ」と伝わってしまうと倍以上印象が悪くなるので注意してください。マイナスなことは本人に直接言うことをおすすめします。

4.褒め言葉をいくつかストックしておく!

1~3でだいぶ褒め上手になってモテモテの第一歩をめでたく進めるのですが…

難しい!すぐには思いつかない!という方には、褒め言葉をストックして、いつでも出せるようにしておくのがおすすめです♪

※あくまでも本当に思ったときに"のみ"ご使用くださいませ。

 

例えば、

「笑顔が素敵ですね」「おしゃれですね」「肌が綺麗ですね」「仕事がとっても早い」「時計かっこいいですね」等、身につけているものなどを褒めると褒めやすくおすすめです✨

まとめ

いかがでしたか?

褒めベタさんも、あまり普段意識していない方も、これを機に褒め上手になりませんか?

人はみな褒められたい生き物。だからこそ、褒め上手は本当にモテモテになる秘訣!

褒めることによってこんなにも人間関係に変化が出ることを実感してみてください✨

ゼロからプロコーチになれる!

コミュニケーションを仕事にできるコーチング体験レッスン!

プロコーチとは?


聴く・承認・質問などのスキルを使って、クライアントの悩みを整理し、目標達成をサポートする仕事です。

こんな人には特にオススメ


  • 人の役に立ちたい方
  • 人の話を聴くことが好きな方
  • 時間・場所に縛られず働きたい方
  • さらに成長したい方
  • 仕事・恋愛・子育て全て両立させたい方
  • 笑顔が素敵な方
無料体験レッスン詳細&申込みはこちら
関連キーワード
人間関係, 仕事, 恋愛の関連記事
  • 初対面で誰とでも仲良くなれる!プロコーチがやっている自己紹介3分テクニック
  • 「聴き方」1つで会話がどれだけでも続く!聴き方4つのポイント《基礎編》
  • 褒めベタさん必見!すぐできる褒め方4つのポイント
  • 職場で衝突してしまうあなたへ。円滑な人間関係を築く4つのポイント
  • 恋愛上手になるには?!男女の違いを理解することが大切
おすすめの記事
イベント情報
『春爛漫』信州トレッキング&秘境パワースポットツアー 「そうだ!岡山へ行こう!」シリーズに続き、 今回は「そうだ!長野へ行こう!」開催決定で...