「何を話そう・・・」「仲いい人は話せるけど・・・」

こんなお悩み持っていませんか?

 

会話が「続く」o「r続かない」

会話が「盛り上がる」or「盛り上がらない」

これらは、話す力ではなく聴く力で80%以上決まります!

1.「うんうん」という相づち・頷き

はい!これは基本中の基本✐

相手が話すときに、もっと話したい!と思うのは、「私は興味あるよ!」というサインがあるかどうか。

表情を見てもわからない、無言で聴かれてたら、あなたも「自分の話に興味ないのかな??・・・」など会話をやめてしまいませんか?

 

相手が楽しく話せるように、「うんうん!」と首も動かして楽しそうに聴いてみましょう♪

2.自分が話していないときも、常に満面の笑顔

笑顔には、高感度を上げる効果があります。科学的にも証明されている程、「笑顔」の効果はすごい◎

そんな「笑顔」を、人と会うときに常に意識できていますか?

 

あなたが話しているときだけでなく、聴いている時も常に笑顔。

笑顔があるだけで、「話して良いんだ」というリラックスした気持ちを相手に与える効果があります。

ポイントは、微笑むだけでなく、口角UP・歯を見せる・目を笑わせる!

 

さあ、鏡をみて、あなたに話したくなる笑顔かチェック!爆笑しているときの顔を作ってみよう!

こんなに笑っていいの?!と思うくらいがちょうどいい◎

3.相手の顔を見る

「うんうん」と満面の笑顔だけで、会話の楽しさ・話の続く長さは格段に上がります◎

 

ただ、そのときに身体をそっぽむけて、顔だけ相手の方を見ていたり、

顔が恥ずかしいからと下ばかり見ていては、盛り上がる会話も全く盛り上がりません。

 

相手の方に身体を向けて、顔を見て、「うんうん」と笑顔で。

4.どう見られるかを気にせず楽しませよう!

恥ずかしい=自分がどう見られるかを考えている

楽しませる=相手を喜ばせるため

 

聴くときは、自分がどう思うかというより、相手を楽しませる意識で臨もう!

きっと、自分のことだけ考えているときよりも、とっても盛り上がりますよ♪

まとめ

とってもシンプルで簡単〜!

だけど、「出来ている」と思っていたら、「本当に出来ているか?」を疑ってみてくださいね。

意外と、この聴き方は「出来ているつもり」の人が多数です。

 

話が盛り上がらなかったら、「自分の聴き方が出来ていない」と思ってくださいね◎

関連キーワード
blogの関連記事
  • 「聴き方」1つで会話がどれだけでも続く!聴き方4つのポイント《基礎編》
  • 初対面で誰とでも仲良くなれる!プロコーチがやっている自己紹介4つのポイント
  • 本当にやりたいことをみつけたい君へ。そんな君がやるべき4つのこと
おすすめの記事